社会保険定時決定手続き

毎年7月に行われる社会保険の定時決定手続きに関する事務処理を代行します。また、労働保険料の概算確定申告手続き(年度更新)に関する事務処理を代行します。

 

 

1 社会保険の算定基礎届

社会保険の算定基礎届とは、毎年7月1日の時点でその事業所に使用される従業員を対象に、現在の標準報酬月額が実際の給与と比較して適当か確認し、見直しを行うものです。

 

算定基礎届は、4、5、6月に支払われた給与の額を基に、7月10日までに提出します。

 

2 労働保険料の申告・納付

労働保険の保険料の申告は、雇用保険と労災保険の保険料について、年に1度、7月10日までに行います。

 

労働保険料は、あらかじめ今年度の見込み額を概算額として申告・納付し、前年度の確定した保険料額も同時に申告することによって、概算額と確定額の差額を精算するという方法をとります。