賃金・人事評価制度の整備

企業経営に最適な賃金制度、人事評価制度の整備を提案

 

優秀な社員の採用や安定的な雇用を実現するためには、企業の規模や同業他社の動向などを見据えた賃金制度の設計が必要です。

 

また、今後能力給など導入するに当たっては、社員各々の能力や実績を評価するための人事評価制度の整備が望まれます。このようなご要望には、経営を圧迫することなく、企業経営に最適な賃金制度の設計・人事評価制度の整備を提案します。

 

 

お困りの内容(現状)

  • 会社への貢献度に応じた公平感のある賃金制度であるか確認したい
  • 社員の納得を得られる賃金制度であるか見直したい
  • ボーナスや退職金制度を含め賃金制度の全体を見直したい
  • 昇給や昇任の裏付けとなる人事評価制度を導入したい

など

 

標準的な作業工程

次の方針で制度構築を行っていきます

 

賃金は労働条件の根幹をなすものであり、その制度の見直しについては、労働法規や裁判例等を踏まえたうえで、社員の理解が得られる制度構築を行い、スムーズな移行につなげます。

人事評価制度については、個々の企業の業種、規模、経営方針、従業員の構成や社風を見極め、経営者と今後の企業のあり方をとことん話し合ったうえで方針を決定し、制度構築を行います。

これらにより、社員のヤル気の向上に結び付けるとともに、企業の事業発展、業績のアップにつなげます。

 

 

当事務所に依頼するメリット

1.優秀な社員の定着を図ることができます。

会社への貢献度に応じた、公平感のある制度設計を行うので、社員が持っている力を十分に発揮し、優秀な社員の定着を図ることができます。

 

2.企業としての信用度の向上を図ることができます。

これまで慣行で行っていたことや、事実上の運用で済ましていた事柄も、必要に応じて制度の中に取り込み、「見える化」を進めます。これにより企業としての可視化が進み、その信用度が向上し、優秀な社員の採用につなげることができます。

 

3.客観的な判断材料を整備することができ、能力開発に活用できます。

社員の昇任や昇給に当たっては、賃金制度と人事評価制度をタイアップすることで客観的な判断材料を整備することができます。また、人事評価制度を社員の能力開発のために機能させることができます。